ネットFAXと一般的なFAXの違い

トップページ > ネットFAXと一般的なFAXの違い

ネットFAXと一般的なFAXの違い

インターネットFAXは単に電話回線の代わりにインターネット回線を用いて回線料を節約するもの、という認識をなされている方が非常に多いのですが、実際にはそれよりも利便性の向上が大きく、業務形態をも変えうるポテンシャルを持つサービスと言えます。では実際に、どのように普通のFAXと違った使い方ができるのでしょうか。

 

インターネットFAXでは、送受信する内容をパソコンで使えるような電子データとして変換します。そのため、追加コストや面倒な手順無しでパソコンのデータとして送受信データを複製できる点がとても便利です。

 

例えば、FAXを受信した際に、同じ内容の画像データをパソコンに保存するように設定する事もできます。また、指定したメールアドレスに受信した画像データを添付して、自動的に送信する事もできます。送信に至っては、そもそも専用のFAX端末がなくとも、スマートフォンなどから送る事さえでき、フットワークの軽いビジネスのよき道具となるでしょう。

 

新しいサービス・機器を導入する際に問題となるのはやはり初期コストですが、多くのインターネットFAXはレンタル契約となっており、気軽に導入してみる事ができます。特に年配の方にはどうしてもインターネットFAXの便利さが伝わりにくいもので、導入に大きなコストがかかればやはり導入は難しくなるものですが、わずかな初期コストでレンタル契約を始めれば、その利便性や経済的メリットをすぐ実感する事ができるでしょう。