インターネットFAXの基礎知識

トップページ > インターネットFAXの基礎知識

インターネットFAXの基礎知識

今、従来の専用回線を介したFAXの代替として、インターネットFAXが取って代わりつつあります。インターネットFAXは文字通りインターネットを介して送受信を行うFAXサービスで、専用回線を契約する必要がなく、非常に低コストでFAXサービスを利用する事ができるため、人気を博しています。

 

インターネットFAXでは、全てのデータはデジタルデータとして送受信が行われます。そのため、基本的にはパソコンで扱えるフォーマット、例えば画像ファイルや文章・表計算などオフィスのファイルを指定し、それをFAXの符号に変換して送受信する事となります。

 

パソコンでデータを作成しているのに、FAXを送るには一旦プリントアウトしなければならない・・・などという非効率な作業を行う必要はなく、また紙やインクを無駄遣いする事もありません。デジタルのデータで処理が完結するという事は、モバイル端末との相性が良いというのも大きなメリットです。

 

専用アプリが提供されているインターネットFAXサービスならば、スマートフォンからインターネットFAXサービスを利用して簡単にFAXを送るなどという事もできてしまいます。そしてこれらは全てインターネット回線を介して行われ、通信にかかる費用はインターネット接続料だけです。

 

このように、インターネットFAXはコスト面でも大きなメリットがあり、その上利便性まで高まるために多くの企業で採用が進んでいるのです。