インターネットFAXのデメリット

トップページ > インターネットFAXのデメリット

インターネットFAXのデメリット

今、インターネットFAXを採用する企業が急激に増加しています。デジタルと相性の良いインターネットFAXはパソコンとシームレスに連携でき、その上でコストを低減する事さえできるため、これを利用しない手はありません。

 

しかしながら、従来のFAXと完全に同一のものとして使えるわけではありません。デメリットも存在しますので、採用後にやはり従来のFAXにすべきだった、とならないようにデメリットも抑えておく必要があるでしょう。

 

インターネットFAXはデジタル寄りの機器と言えます。送信するデータはパソコンで扱えるフォーマットのデータ、例えば画像ファイルとか、オフィスのファイルなどです。ですから、手書きの文章をインターネットFAXで送信する場合は、スキャナで取り込む手間が必要となります。

 

スキャナ自体はオフィスにあるものと思いますが、毎回手書きの文章などをスキャンしてインターネットFAXで送るのでは、コスト面はともかく手間の面では従来のFAXのほうが適する、ということになってしまいます。

 

ただし、業務内容によるという事を承知の上で言えば、インターネットFAXの導入と一緒に文章作成もデジタルに移行する事でさらなる効率化が図れるものと考えられます。データ作成・保管・検索の効率化は業務全体の効率化に直結します。

 

インターネットFAXに適するデータ管理環境を整える事で、コスト面でもスピード面でも大きなメリットが見込め、そうした時にインターネットFAXの真のメリットが見えてくる事でしょう。